Fantasista

好きなことを書くをモットーにお届けする雑記ブログ

J1 開幕節を振りかえってみた

 

f:id:yakkun1127:20180226173837j:plain

 

やっと、先週の金曜日から開幕したJリーグ

待ち遠しくて仕方がなかったです^ ^

浦和レッズ以外の試合はフルでは観れてませんが個人的に気になった点があったので振り返ってみます。

  

まず、第1節の結果はこちら

(Jリーグ公式Twitterより)

 

 
1.浦和レッズについて

 (↓先日の対FC東京戦の感想です)

yakkun1127.hatenadiary.jp

 

 

2. 若手の活躍

 

金曜に開催されたフライデーナイトJリーグでは、東京五輪世代の田川選手がPKを決めました!

去年の埼スタでの試合では、彼に前半早々、点を取られているので覚えている浦和サポの方もいるはずです。

次に、浦和の試合を観ていた方は、後半に久保建英選手が出てきましたよね。

タッチ回数自体はそれほど多くなかったものの、ワンタッチパスやスルーパスなどやはり目を見張るものがありました。(さすがバルサカンテラ育ち!)

ベガルタ仙台では、東京五輪世代の板倉選手が決勝点を決めていました。

私が個人的に注目しているのはガンバ大阪の中村敬斗選手です。

第1節の対名古屋グランパス戦では、途中出場していましたね〜

77分のミドルシュートは惜しくも入らなかったものの、

プロ初出場であんなシュート打てる17歳いますかね?笑

しかも、ガンバの2点目にはしっかり関与してるっていうね ( ゚д゚)

ヒールパスもカッコ良かったですね

監督はクルピさんですから、いずれは日本代表、海外クラブで活躍しそう。。

(できれば浦和戦以外で活躍してほしい…笑)

 

 

3.名古屋グランパスの衝撃

 

 昨年、J1昇格プレーオフを制し

世界のTOYOTAがバックについてる名古屋グランパスさんですよ!

今年の移籍市場を賑わせたチームです

元ブラジル代表のジョー選手、ドルトムントで香川と同僚だったランゲラク選手。

メンツがエグくて、中国超級リーグかなと思うほど笑

試合を見た結果、、、

やっぱ、スゴかったです (←語彙力)

得点者がシャビエル、ホーシャ、ジョー と外国人選手大活躍の結果でしたね〜

シャビエル選手はJ1でも余裕で通用しますね!

彼の独特のプレーには魅了されます。

日本人選手でも、17歳でスタメンに抜擢され、開幕フル出場の菅原由勢選手、

ドリブルがキレキレの和泉選手もいて、見所大いにアリです。

 

 

4. 中村憲剛選手の大活躍

 

去年は悲願の初タイトルを取った川崎フロンターレ

フロンターレさんを象徴する選手といえば、やはり中村憲剛選手でしょう。

特に去年の最終節の憲剛選手の涙には、他サポながら、大泣きしてしまいました

(蛇足かもしれませんが、私の中学時代の担任が昔、憲剛選手を教えていたこともあり、彼の話をよく聞いていたので余計に感情移入してしまったのかもしれませんね。)

とにかく、彼ほどの偉大な選手がタイトル取れないなんて私も悲しく思っていたので、ホントに報われて良かったです^ ^

ところで、

やべっちFCの有名企画 “デジッち”では毎年ゴールパフォーマンスを決めており、

皆さんご存知だと思いますが、今年は B (ぼく) K (川崎の) B (バンディエラ)!ですよね笑

ちなみに、バンディエラという言葉を調べてみたところ、イタリア語で“旗頭”を意味し、主にサッカーチームの中心的人物に使われるらしいです。

まさに、憲剛選手はバンディエラと呼ぶのに相応しい存在ですね。

開幕戦の対ジュビロ磐田戦では憲剛選手の1G2Aの活躍で勝利を収めました!

(早速、BKBやってましたね笑)

憲剛選手の歳の衰えを感じさせないプレーに今後も目が離せないです

 

 

5.おわりに

 

来週、浦和レッズ埼スタサンフレッチェ広島をホームに迎えての試合です!

リーグタイトルに向けて勝ち点3を取りたいところです!

 

できる限り記事を投稿したいと思っているので、

よかったらぜひアクセス、ブックマーク、読者登録していただけると投稿する励みになります!(^^)

読んでくれてありがとうございますm(_ _)m